RSS Feed

キャビテーション施術に使うクリームとは

キャビテーション施術に使うクリームとは

2016年7月23日

キャビテーション施術に使うクリームとは

キャビテーションは、脂肪や脂肪組織が固まった部位に超音波を照射することで、その部位の組織の破壊を促すものです。キャビテーションの機器で超音波により生じた圧力は、脂肪を融解する働きがあり、破壊された組織は代謝によって排出されることが基本的な仕組みです。
現在では、周波数に変化を加えた超音波や、波長の異なる特殊な光線なども併用され、痩身法としても多種多様な技術が加えられ、施術効果が上がる様々な改良が加えられている状態です。また、キャビテーションの超音波が、身体の深層部分まで到達できるようになり、従来では困難であった深層部分に蓄積された脂肪も取り除く事が出来るようになりました。
しかし、この痩身のケアを受ける際には、施術内容だけではなく、施術後のトリートメントも重要な要素です。現在では術後のケアに特殊な機材やクリームなどが用いられる事も多くなり、リンパの流れや代謝の機能が上手く促進されるようになり、素早く脂肪が除去できるように改良が重ねられています。
そして、キャビテーションの技術は飛躍的に進歩し、周波数や波長の長さに変化を与えることで効力を上手くコントロールする事も可能になり、サイズダウンを希望する部位に応じた適切な手法で熱さや痛みなどのトラブルが大きく減ってきているのも特徴です。
その中でも、痩身効果を大きく向上させるのが施術後のマッサージです。

キャビテーションの血管への安全性

キャビテーションで破壊された細胞は、施術部位のサイズダウンをはかるためにも術後のトリートメントが重要な要素とされます。そのため、マッサージの技術に加え、トリートメント剤のクリームなどが大きな役割を担う要素とされ、脂肪が上手く排出されるように代謝を促す事が大切です。

キャビテーションコースについて|シーズラボ

代謝を促すマッサージを加えることで、施術を施した部位の脂肪が短期間で減少するので、部分的なサイズダウンが可能とされます。

キャビテーションコースについて|スリムビューティーハウス

幾つかのエステサロンでは、リンパの流れを促すマッサージなどが積極的に行われており、キャビテーションの施術を終えた際には、上半身から足首にかけて、満遍なく代謝を促すマッサージが施されます。とりわけ、脚の付け根や太ももなど、脂肪が蓄積されやすい部位には、この部位に特化したマッサージ法やクリームなどが用いられ、新陳代謝を促し脂肪の排出を促進させる事が評価の高い施術の特徴です。
キャビテーションの施術を受ける際には、使用される機器の性能が重視されがちですが、マッサージ法やトリートメント剤などのアイテムは、脂肪の除去を促すためには欠かせないポイントです。

キャビテーションの健康被害とは

キャビテーションは、効果が高いのに、体への負担が少なく、安全性が高い施術として人気になっています。
ただ、健康に全く影響が出ないかといえば、そうではありません。
体調が悪い、骨がもろい、子宮や皮膚、血

キャビテーションの健康被害とは

キャビテーションは、効果が高いのに、体への負担が少なく、安全性が高い施術として人気になっています。
ただ、健康に全く影響が出ないかといえば、そうではありません。
体調が悪い、骨がもろい、子宮や皮膚、血管等に疾患がある等、体調や健康面に不安がある状態では施術を受ける事が出来ません。
更に、健康な人であっても、施術によって、体に影響が出る可能性があります。
キャビテーションで影響が出る可能性があるのが、肝臓です。
キャビテーションの施術によって、乳化された脂肪というのは、一度、肝臓に集められ、肝臓で分解した後、体外に排出されていく事になります。
施術後は、普段よりも、多くの脂肪が一気に肝臓に流れ込んでいく事になります。

キャビテーションの原理

その為、施術後は、肝臓に大きな負荷がかかる事になります。
肝臓は、脂肪の分解の他、アルコールや様々な有害物質を無害な物質に変えていく、消化や吸収を助ける胆汁を作る、栄養素を体に吸収しやすい物質に変える等、様々な働きをしています。
ですから、日々、働き続けている状態となります。
そんな肝臓に、一時的に多くの脂肪が流れ込むという状態は、大きな負担となります。
この負担を軽減させたいと考えた場合、施術を行う前後は、アルコールやタバコ等を控えるようにしておく事がお勧めです。
それだけでも、肝臓への負担を減らす事が出来ます。
ただ、実際に健康に大きな影響が出る可能性は、それ程高くありません。
一時的に肝臓への大きな負荷がかかる事になりますが、施術は2週間に1回程度等、間隔をあけながら行っていく事になります。
その為、継続した負荷がかかる訳ではありません。
ですから、肝臓への負荷が高まり、健康被害が出る可能性があると考えるのではなく、通常よりも肝臓への負荷がかかりやすくなるという事を意識しておく程度で良いでしょう。
そして、施術の後にしっかりと考えておいた方が良いのが、食事の摂取の仕方です。
施術直後は、脂肪が多く減った事で、体が多くのエネルギーを吸収したいと考えている状態となります。
この時間にしっかりとした食事を摂取すると、通常よりも、多くのエネルギーを吸収しやすい状態となってしまいます。
施術を行った部位には脂肪がつきにくい状態になっていても、それ以外の部位には通常よりも脂肪がつきやすくなってしまう可能性もあります。
ですから、施術後は、しばらく時間を置いた後、内容に気を付けて食事を摂取するようにする事が大切です。

 

関連ページ:キャビテーション完全ガイド

Get a Trackback link

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.